皆さん、リゾバってご存知でしょうか? ‘ハイハイハ~イ!!珈琲飲む所で~す!!’ 
コラー!!それはスタバですからー!!

・・っと、くだらない前置きはさておき、リゾバ=リゾートに住み込みで(もちろんタダ♪)バイトする事なんです。

リゾートと言えば・・沖縄、北海道、熱海、那須、新島etc、、日本には沢山のリゾートがありますよね!

‘リゾートで思いっきり羽を伸ばしたい~・・
けど、そんなお金もないし休みもないし・・’

と言う方のためにあるのがリゾートバイトならぬ、リゾバなんです!!

今回は私が実際に体験した、リゾバのメリット・デメリットをお伝え致します!

何はともあれ、インターネットで検索!!

 リゾバができる土地は沢山あるという事は先ほどお伝えしましたが、内容も多種多様に渡ります。
レストランで
ウェイター
として働いたり、
清掃スタッフ、仲居さん、接客、調理、雪山スタッフ・・
と、あげればきりがありません。

 その沢山の選択肢の中から行ってみたい土地、やってみたい仕事を探して
自分にピッタリ来る所を探します。期間も1週間~長期のものまでありますので、
自分がどこに行きたくて、何を経験し、いくら稼ぎたいのかをあらかじめしっかりと決めてから検索をするとスムーズですね。

いよいよリゾバに出発!!交通費は実費支給!!

 行き先が決まり、先方と話がついたらいよいよリゾバに向けて出発です。

私は7年前に、鹿児島県の‘徳之島’という離島に約2ヵ月間リゾバで行っていました。
自宅から徳之島にたどり着くまでバスや電車やフェリーを乗り継ぎ乗り継ぎ・・
24時間以上はかかったような・・そんな長距離でも、しっかりと交通費を支給してくれる所もリゾバの良い所♪

私の場合は行きのチケットのみ先に支給され、帰りのチケットは契約期間終了日に頂きました。
会社によって、行きも実費負担で後から返金してくれたりと様々な様子なので、各会社に確認して下さいね。

到着!! お仕事スタート!!

 7年前の夏・・筆者が選んだリゾバは夜のお店でした。いわゆるスナックです。
いや、ラウンジと言った方が正しいかな。それまで夜の仕事の経験はあったので、
あまり抵抗なくすんなりお仕事に入ることができました。

来店されたお客様にお酒を作り、楽しくお話しする!ただそれだけです。
たま~にマナーの良くない方もいらっしゃいますが、そこはお店のオーナーがしっかり目を光らせて女の子を守ってくれたので、
安心してお仕事できました。シフトは18時~24時頃で、2ヵ月間で約40万円頂きました。

 徳之島は、沖縄に近い距離にある島なんですが、夏場の日中はほんと暑い!!暑すぎて、火傷もんです
。島の人は日中は外に出歩かず、日が沈んで涼しくなってきた頃に街へ遊びに繰り出します。
(なので、南国のリゾバはスナックやラウンジ関係の求人が沢山!)
各地域の気候や特徴により、お仕事の種類が変わってくる事もありますので、この機会に新しい挑戦をしてみるのも素敵な事ですね!

職場環境は・・?

 徳之島のリゾバには関西、関東、四国、北海道などなど、色々な県からのリゾバっ子が集まっていました。
そこで新しい友達もでき、さらにお客さんとも仲良しになり、昼間は皆でBBQをしたり、観光にでかけたり、
良心的なお客さんになんと車まで貸して頂き、朝からサーフィンに行ったり、闘牛に乗らせて頂いたり(笑)

夕方までおもいっきり遊んで、夜からはお仕事に。(シフトは18時~25時頃まででした。)
 嗚呼、今思い出しても本当に最高の生活~!

リゾバで得た事!!

 リゾバの良い所はなんと言っても‘その土地を深く味わえる事!’
これにつきます。普通、旅行でリゾートに滞在するとしてもせいぜい2泊か3泊。

もちろん観光はできますが、現地のお友達を作るのは難しいでしょう。
でも!リゾバならその土地に長期間滞在できるので、自然と地元の知り合いができ、
観光本に載っていない様な穴場スポットを教えてもらえたり連れて行ってもらえたりしちゃうんです!

そして時間も沢山あるので、ゆっくりとその土地の事を知る事ができます!しかもお給料付きで!!

ホントにメリットだけ? リゾバのデメリットとは・・

 なんだかメリットだけの様に聞こえますが、デメリットも多少はお伝えしなくては・・と考えた時
、デメリットデメリット・・う~ん。な、ないー!!筆者にはリゾバのデメリットが思い浮かびませんでした。
強いて言うならば、会社員の方などお勤めされている方は長期間のお休みが取りずらいor退職してからリゾバへ行かなくてはいけない事くらいでしょうか?

あと、学生さんなら長期休みの時期しか行けないので、自由に時期を選べないって所でしょうか?

 リゾバのためだけに今まで勤めていた会社を退職するのは勇気のいる事ですが、
そうしてでも何か新しい事に挑戦してみたいって人もいるだろうし
もんもんとしながらずっと守りの姿勢でお勤めをする事が必ずしも良い選択であるとは限りません。

 何がデメリットかを決めるのは本人次第だと思っています。少なくとも筆者は、新しい事に挑戦して良かったと思っているし
今の自分があるのは、その色々な経験があったからなので、全く後悔はしていません!
 もし、この記事を読んで下さっている方の中でリゾバに興味があり、挑戦してみたい気持ちがあるのなら、挑戦できる環境があるのなら、是非体験して欲しいと思います。

Sponsored Link



リゾバならではの特典サービスとは・・?

 実は実は・・リゾバでは、お得な特典があるんです!雪山ならお仕事以外の時間はゲレンデで滑り放題!や、レストランでは食事が3食出る!などなど、その土地に見合った特典である事が多いですね。筆者の場合、徳之島はスキューバダイビングが有名なので、契約期間中に2回スキューバダイビングの体験に連れて行って頂きました。潜る練習からウエットスーツの貸出、水中で写真撮影までして頂き、もちろん全て無料でした♪
 こういった経験もどんどん会社側から提案していただけるのです。素晴らしいしくみですよね?

徳之島のリゾバ事情!!

 ここからは、完全にわたくしの思い出話になりますが、少々お付き合い下さい。

 今から7年前・・海外留学から帰国した私はすぐに就職活動を始めました。
得意?の英語を生かし、すぐに見つかるであろうと思われた就職先もなかなか決まらず、
ふとインターネットを見た時に‘リゾバなら徳之島!’という怪しい(笑)サイトを発見しました。
ちょっとだけ話を聞いてみるだけのつもりが、翌週には徳之島行きのチケットが自宅に届いていました。

初めて行く日本の離島。フェリーのデッキの上から水平線に沈む夕日は、
今日が地球最後の日になってもいい位に綺麗で、その場にいる全ての人達の息の音を止めているかの様でした。
が、そんな綺麗な景色を1人で見る事はとても寂しく、
この時‘こんな綺麗な景色を一緒にシェアできる素敵な人と出会いたい!’と
デッキの上で秘かに心に決めた瞬間でもありました(笑)

 初めての南国、初めての体験を通して、たった2ヵ月間でしたが徳之島が大好きになりました。
徳之島は周辺に奄美大島、沖永良部や沖縄もあるので、フェリーで気軽に旅行ができます。
私は週末を使って奄美大島に行ったのですが、そこで見た皆既日食は今でも忘れる事ができません。

 人生1度きり!やらずに後悔するよりやって後悔の方が気持ちいい!!をモットーに、これからも色々な事に挑戦していきたいと思います。 Let’s enjoy your life!

Sponsored Link



Sponsored Link