Sponsored Links

私が今使用している車は平成17年式のMAZUDA MPV。

 

大きくてロングボードもすっぽりなので気に入っていましたが、

とうとう壊れ始めてきました…。

 

ということで新しい車を探し始めたので、

今回の記事では

「ロングボーダーにおすすめの車はどれなのか?」

 

ということについて、色々ご紹介したいと思います。

 

 

ロングボードを中積みできるおすすめの車種5選

 

車の上にキャリアを付けて

ロングボードを運ぶのもいいけれど…

 

やっぱり気になるのは

「盗難」&「走行中に板が飛んだらどうしよう」

ということではないでしょうか?

 

そこで今回は、

ロングボードを中に積めることができる

おすすめの車種をご紹介していきたいと思います。

 

 

ちなみに、

ミニバンってほとんどのファミリーが乗ってるから苦手で…

今回のクルマ選びからは外してますのでご承知おきを…。

 

 

 

NO.1 TOYOTA プリウス

5人乗りのプリウスに9’5のロングボードが…!

まさかっ!!

 

でも、本当なんです。

 

こちらの画像のプリウスは2013年式

あたりのものだと思われます。

 

2019年10月現在のプリウスは

動画のプリウスよりもやや後部がシャープになっていますが…

 

 

それほど室内の広さに違いはないと思うので、

新車で購入しちゃっても

1人でサーフィンに行く分には最高ははず!

 

プリウスの燃費はEグレードのもので

「39.0km/L」

ですので、海に通う頻度が多いサーファーには特におすすめです。

 

 

がしかし、

我が家は子どもが3人+パパさんと私。

 

さすがに5人乗りのプリウスではキツキツなので、

サードシートのある「プリウスα」も検討中です。

 

NO.2 プリウスα

 

 

プリウスαの燃費は 「26.2km/L」。

5人乗りの2列目シートが主流ですが、

3列目シートで7人乗りのモデルも用意されています。

家庭持ちのサーファーには人気がある車種なんですって!

 

 

NO.3 JEEP

これは完全にパパさんの趣味です。

 

アフリカで走っていそうなイカついフォルム。

 

男性の憧れ的な?

 

Sponsored Links

私としては維持費が気になるところですが…

だって、燃費は恐怖の  「6.0km/L」

くらいなんだそうです…。

 

しかし、上の画像のJEEPは 2.0ℓ

直列4気筒DOHCターボエンジンを採用。

 

ビーチや足場の悪い環境でも

ガンガン走ってくれそうですね!

ゆとりのリアシートと広〜いカーゴスペースがあるので

 

荷物が多いロングボーダーでも色々詰め込めるはず。

 

 

NO.4 シャラン

ワーゲンのシャランは、

JEEPよりもスタイリッシュな印象です。

 

HPでもアウトドア使用が推奨されているシャランは、

7人乗りで広さも十分確保できています。

子どもも安心して乗せることができるし、

画像の通りロングボードもすっぽり!

 

国産のミニバンは溢れかえっているけど

シャランなら少しは周りとの差をつけられそうです。

 

個人的には、下のブラウンカラーに一目惚れ♡

 

1.4エンジンor2.0クリーンディーゼル から選べ、

気になる燃費は  15.0km/L  

 

となっています!

 

 

 

NO.5 デリカD5

国産のミニバンの中で

唯一「おっ!」と声を発したのが

 

三菱のデリカD5です。

 

 

なんともタフで力強うそうなボディーが素敵♡

 

汚れた感じがかっこよく思えるのも、

すぐに車が潮や土・砂で汚れてしまうサーファーにはもってこいですよね。

 

デリカD5は3列シートで8名乗車できる大型車種!

 

シートアレンジも多彩なので、サーフボードだけではなく

スノボやマウンテンバイクなどもガンガン積めちゃいます。

 

 

燃費は街乗りで  「10〜13km/L」

おっきい車体に対してこの数値は、

まーまーいい感じといえるのではないでしょうか。

 

 

 

お気に入りの愛車でサーフィンへGO!

 

いかがでしたか?

 

「サーフィンの車といえばミニバン」 

と言われていますが、今回はあえて超定番である

 

セレナ

ステップワゴン

ノア

ボクシー

 

などの車種は外して、

独断と偏見によるサーファーにおすすめの

車種選びをしてみました。

 

 

参考になりましたらとっても嬉しいです♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す