栄養価の高いお魚で
1位2位を争う「サバ」!

「青魚の王様」
なんていわれているんですよ。

今日はサバはサバでも
「サバ缶」に注目して
みたいと思います!

サバ缶の栄養価は?
生サバと比べてどうなの?
身体への効果は?

などなど、
サバ缶が私たちの身体に
与える良い影響とは…?

サバに含まれる栄養素とは?

サバはとっても脂の多い魚です。

この「脂」の中には
EPADHAという栄養素が
たーっぷり含まれています!

これだけではなく
カルシウム鉄分
ビタミンも豊富です。

高い栄養素がぎっしり
詰まっているサバですが、
鮮度が落ちることで
アレルギーの原因にもなる
「ヒスタミン」が増えるので

サバを食べるときは
「新鮮なものを」食べるように!

さばの栄養素(食材100g当たり)
・DHA      1,780mg
・EPA      1,200mg
・カルシウム   22mg
・鉄       1.5mg
・カリウム    300mg
・ビタミンB   20.54mg
・ビタミンD   440IU

サバを食べるとどんな効果がある?

EPAやDHAなどを豊富に含むサバ。
サバを食べることで身体や脳には
どんな影響や効果があるのでしょうか?

血中のコレステロールや中性脂肪を低下させる

体内で生成することの
できないEPAは食品から摂取する
以外に方法はありません!

EPAを摂取すると
血液中の血小板凝集を抑制し
血中のコレステロールや
中性脂肪を低下させてくれます。

・生活習慣病や肥満の予防
・血液をサラサラにしてくれる
・お酒を飲む人に
・内臓脂肪が気になる人に

脳や神経組織の発育や機能の維持にGOOD◎

サバに含まれるDHAの量は
青魚の中でもトップクラス!

DHAは記憶力や目に良いと
されていますが、それ以外にも

・乳幼児の神経や脳の発達
・抗うつ作用
・認知症の予防
・コレステロールの低下
・中性脂肪の低下
・抗炎症作用
・アトピーの改善

などなどなど、
実にたくさんの効果が期待できます。

昔から
「DHAを取ると頭が良くなる」
といわれているのは、
DHAが脳や神経の発達において
重要な役目を担っているからなんですね!

Sponsored Link



血合い肉はぜったい捨てないで!

お魚を食べるとき、
皮と身の間の「茶色い部分」
捨ててしまっていませんか?

この部分は「血合い肉」
といって、実は多くの栄養素が
集中しているところなんです!

特に鉄分やビタミン群、
タウリンが多く含まれていて、

貧血、皮膚炎、胃腸疾患などの予防、
老化予防にも効果が期待できるほど。

野菜や果物にも同じことがいえますが、
「皮と身の間が一番栄養がある」
ということを頭の片隅に置いておいてください♪

サバ缶の栄養価は?生と缶、どっちがいいの?

缶詰よりも、やっぱり
生の方が栄養価が高いんじゃないの?

なんて疑問はありませんか?

実際、サバを缶詰にする工程の中では
110~120℃の高温で加熱殺菌されています。

このことから、生鮮食品や家庭で調理した食品に比べて
サバ缶は栄養価が劣ると考えられがちです!!

しかし、サバ缶は
大量に出回る時期(旬)の新鮮な原料
を使って、高い真空下で空気をしゃ断した状態で
加熱殺菌が行われているんです!

公益社団法人日本缶詰びん詰レトルト食品協会

さんによると、家庭で調理されたものより
むしろ「缶詰」の方が栄養価が高いといえる様です♡

し・か・も!

サバ缶ならさばいたり、
下処理をする必要は全くなし!

缶をパコっと開けるだけなので
とっても簡単♪
洗い物も少なく済みます♪

しかもしかも!!

骨まで柔らか~い♡

から子どもでも食べやすい!!

生サバよりも

日持ちする
調理が簡単
アレンジが効く
そして栄養価も高い!

これは、もうサバ缶を
常備するしかないですね~!!!

大切な家族のため、サバを食べさせよう!

いかがでしたでしょうか?

サバ缶は手軽に使えて
栄養価も高い便利な食材です。

中年太りや生活習慣病が
気になるお父さんにも◎

美容や老化が気になる
お母さんにも◎

そして、子どもの健やかな
発達や成長を願うなら

日々の献立の中に
サバ缶レシピをぜひ取り入れてみては。

ちなみにDHAやEPAが手軽に取れる
サプリメントも最近では数多く
販売されていますよね♡

魚が苦手…

もっとDHAやEPAを
摂取したい!

なんて方はサプリもおすすめです♡

Sponsored Link



Sponsored Link