代表的な夏野菜といえば・・
まず思い浮かぶのはトマトではないでしょうか?

甘酸っぱくて真っ赤なトマトには、
栄養がいっぱい!

身体やお肌に良さそうなのはなんとなく分かるんだけど、
実際どの成分がどういう風にいいのかって分からないし
食べ方もワンパターンになりがちですよね。

そこで今日は、美味しくて美肌にも効果的なトマトの食べ方
トマトに含まれる主な栄養素が私たちの身体やお肌に
どのように働きかけてくれるのか?に合わせて

美味しいトマトの見分け方や簡単レシピもご紹介します!

トマトを食べるとどうなるの?トマトに含まれる主な栄養素

【リコピン】

トマトの赤い色は、実はこのリコピンの色なんです。
リコピンには
強い抗酸化作用
があり、老化現象を食い止めてくれる働きをします。

そして驚くのはこのリコピンの抗酸化作用!
人参やカボチャなどに含まれるB-カロテンの2倍、ビタミンEのなんと100倍とも言われています!

真っ赤なトマトはリコピンの含有量も多いので
トマトを選ぶ際はなるべく赤い色のトマトを選びましょ♡

【ビタミンC】

トマトにたっぷり含まれているのが、言わずと知れたビタミンC
ビタミンCにはコラーゲンの生成を助けて皮膚を健やかに保つ働きや、
血圧や血中コレステロールも下げたりしてくれる嬉しい作用があります。

トマトはお肌に良いだけではなく、身体にもとっても良い食べ物なんですね!

【カリウム】

カリウムは体内では生成できません
そのため、食べ物から取り入れるしか方法がないミネラルの一種です。

このミネラルの嬉しい働きは、肝臓の老廃物を身体の外に排出してくれる事。
肝臓の老廃物が溜まると、お肌にニキビや肌荒れとなってダイレクトに現れると言われていますので
老廃物を排出してくれる働きのあるカリウムは積極的に摂取したいですね。

【その他にも沢山の栄養素が!】

その他にも、皮膚を保護してくれるビタミンHや便秘解消に効果のある水溶性食物繊維
代謝を高めるクエン酸、血流を改善し美容効果が高いとされている
ルチン

動脈硬化の予防や心臓の機能を正常に保ってくれるビタミンB群などなど、
あげればきりがありません。

昔から食卓で親しまれているトマトですが、こんなにも身体やお肌に良い成分が沢山含まれているんです!

意外と知らない!?トマトの効果的な食べ方

みなさんは普段、トマトをどの様にして食べられていますか?
そのまま切ってサラダにしたり、パスタのトマトソースにしたり
またはバジルとモッツァレラチーズを乗せてお洒落にしてみたり?

トマトは生のまま食べても美味しいのですが、ひと手間加えて【加熱】して食べる事により
トマトの栄養素を高めてくれる嬉しい効果があるんです!

リコピンの抗酸化作用はとても強い!と先ほどお伝えしましたが、
それはリコピンが無事に体内に吸収されてからのお話し。

悲しいかな、
リコピンの生での吸収性は非常に低い
事が分かっています。

そんなリコピンですが、熱に強い特性を持っていて油との相性が良いので
加熱する際は油で炒めるようにするのがオススメです!

同じ量を摂取したとしても、生のままのトマトよりも
加熱したトマトの方が2~3倍も多くリコピンを
吸収しやすい事が明らかになっていますよ~

ただ
ビタミンCは熱に弱い
ため、ビタミンCを摂取したい場合は
生でそのまま食べたりジュースにした方が効果的です。

炒めてみたり、そのまま食べてみたり、ジュースにしてみたり…
色々な調理方法が楽しめる所もトマトの魅力ではないでしょうか♡

脱マンネリレシピ!!トマトの美味しい食べ方

マンネリしがちなトマト料理ですが、少しアレンジするだけで色々な料理に使えちゃうんですよ!
今回は、忙しくてもパパっと作れるお手軽トマトレシピをご紹介しちゃいます♡

【焼きトマト】

1、フライパンを熱し、オリーブオイルを大匙1杯入れる。
2、次にトマトを厚めの輪切りにして両面焼き色が付くまでこんがり焼くだけ!

シンプルですが、トマトを3cm程の厚さに切ることで満腹感が増しますし
焼くことによって甘さが引き立てられるので、
調味料を付けなくても美味しく頂けます。

この焼きトマト、目玉焼きやトーストと相性バツグンなのでぜひ朝食に作ってみては?

海外のカフェに行くと、ブレックファーストメニューには
必ずと言ってもいいほど、焼きトマトが添えられています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

毎朝の焼きトマトでしっかり
お肌の老化対策
を始めてみましょう。

【トマトの冷製スープ】

1、トマトをミキサーに入れ、なめらかになるまで撹拌します。
2、1の中に少量のお湯で溶かしたコンソメを入れて混ぜます。
3、あとは塩コショウで味を調えて完成!

食べる直前にオリーブオイルを数滴垂らしてもGOOD!
加熱をしない事でビタミンCを効果的に摂取できますね。

この冷製スープは2分くらいでできちゃうので忙しい日に重宝しますよ。

【ひき肉のトマトソース】

1、フライパンでニンニクみじん切りとミンチを炒め、その中にトマト缶を入れて5分程煮込みます。
2、コンソメ、ケチャップ、オイスターソースで味付けをしたら完成です。

各調味料は、味見をしながら少しづつ足していくと
自分にピッタリの美味しい味付けが見つかると思います。

辛いのが好きな方は、ニンニクと一緒に鷹の爪も炒めて下さいね。

このソースも10分くらいでパパっとできちゃうので、
沢山作って冷凍保存しておけば、パスタソースに、グラタンに、ラザニアにと
幅広く使えること間違いなし!

また、缶詰トマトも生のものとリコピンの含有量は変わらないので
季節を問わず入手可能な所も嬉しいですね♡

Sponsored Link



油の種類で効果が違う!?美容効果の高いオイルとは?

トマトを炒める際に使う油。この油にも、沢山の種類がありますので
ここでは特に
美容効果に優れているものを
ご紹介。

【エクストラヴァージンオリーブオイル】

スーパーなどでもよく売られているエクストラヴァージンオリーブオイル。
実は、トマト料理に一番合う油と言われています♪

オリーブオイルにはオレイン酸が多く含まれていますが、
このオレイン酸が美肌には欠かせないのです!なぜなら、
肌のハリやツヤや美肌に関係してくる皮脂の半分は
オレイン酸でできている
から!

沢山あるオリーブオイルの中でも、エクストラヴァージンオリーブオイル
が一番高品質なので、購入される際はこのエクストラヴァージンオリーブオイルを選びましょう!

【グレープシードオイル】

グレープシードオイルはコレステロール0%
でサラサラしているのが特徴です。ビタミンEがとても豊富で、
なんとオリーブオイルの2倍!ビタミンEは血行を促進してくれ
若さを保つのにとても大切なビタミンです!

油特有の味も匂いも全くないので、炒め油だけではなくて
ドレッシングなどに使ったりもできます。

【ごま油】

ここでお勧めするのは茶色いごま油ではなく、白ごま油です。

白ごま油は匂いもなく透明な油ですが、
普通のごま油より多くのセサミンを含んでいるという特徴が!

セサミンは悪玉コレステロールが増えるのを抑えたり
生活習慣病の予防をしてくれます。

また肝機能を高める効果も期待できるため、
普段からお酒をよく飲まれる方
ぜひ白ごま油を使ってみてはいかがでしょうか?

さいごに

いかがでしたか?
トマトを食べると美肌だけではなく、健康のためにも
とっても良い事が分かっていただけたでしょうか?

今回は短時間で作れるレシピやオイルについてご紹介いたしましたが
トマトを使った料理はまだまだ沢山あります。

これから夏にかけて旬になってくるトマト!
ぜひ、色々なトマト料理に挑戦してみて下さい♡

Sponsored Link



Sponsored Link